【東京南ロータリークラブの概要】

1.ロータリークラブの沿革
 ロータリークラブは、1905年2月23日にポール・ハリス氏により設立されました。ポール・ハリス氏は当時シカゴに住んでおり、そこで彼の3人の友人たちとどのようにしたら社会に役立つことができるかを相談することで、ロータリークラブが誕生しました。

2.世界のロータリークラブの現状と東京南ロータリ一クラブ
 近時、世界では200以上の国と地域の33,334クラブに会員総数1,221,880人(2009年3月31日RI公式発表)以上のメンバーが在籍しております。
 東京南ロータリークラブは1950年8月12日に設立され、最近はほぼ180〜200人のメンバーを擁しております。東京南ロータリークラブは東京で二番目に古いクラブであり、日本の伝統あるクラブの一つとしての評価を得ております。

3.ロータリークラブのしくみ
(1)目的
 ロータリークラブではすべての事柄が全世界の統一的規則に則って遂行されます。ロータリークラブの唯一の目的は他への奉仕です。奉仕は社会奉仕、職業奉仕、国際奉仕、クラブ奉仕、および新世代奉仕などによって構成されます。
(2)例会
 ロータリークラブの規則の1つは、例会を毎週行うということです。私どものクラブは毎週木曜日に例会をもっております。各メンバーの出席が記録されます。欠席した例会の前後各々2週間以内に他のクラブの例会に出席することで、その欠席を補うことができます。これをメイク・アップといいます。
(3)組織
 クラブ内での活動をスムーズに進行させるために職業奉仕委員会、社会奉仕委員会、国際奉仕委員会、新世代委員会の4つの分野の委員会があります。
 又そのほかに多くの委員会があり、たとえばそのひとつが親睦活動委員会です。この委員会は各々のメンバーがより理解しあい親睦を深めることで、よりよい奉仕ができるように活動いたします。

4.ロータリークラブへの入会
(1)手続き
 推薦者のゲストとして、例会にご出席いただき当クラブの活動の内容や雰囲気をご理解いただいたうえで、推薦者より必要書類をご提出いただくことになります。
(2)入会費用等 (2007年7月1日現在)
 東京南ロータリークラブのメンバーになるには入会金が35万円必要です。又、年会費33万円と寄付その他の諸費用約6万円が、毎年2回分割で必要となります。